【 大法寺 】 長野県青木村  
  見返りの塔と呼ばれる美しい三重塔など  
  奈良時代に藤原鎌足の子僧・定恵によって創建された天台宗の古刹。本尊は木造十一面観音像。寺の象徴ともいえるのは高さ18mの三重塔で、鎌倉時代末期の1333(正慶2)年築。初重が大きいのが特徴で、その姿が美しいことから、「見返りの塔」と呼ばれている。高台に建ち塩田平を望む。三重塔は国宝。  
  リンク  青木村