【 浅間山 】 長野県軽井沢町 他  
  幾度の大噴火を繰り返す国内有数の活火山  
  標高2568mの独立峰で周辺からはよくその姿が見える。1783(天明3)年の大噴火など幾度の噴火を繰り返してきた。山麓には鬼押し出しなど噴火の爪痕が残る。国際的避暑地・軽井沢や広大な嬬恋のキャベツ畑などの風景では背景としてあまりに見事。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 軽井沢銀座 】 長野県軽井沢町  
  軽井沢で最も賑わいを見せるおしゃれな通り。別荘地が増えてきた時代に、東京や横浜から衣食住の老舗が軒を並べたのが始まり。現在では130軒以上のショップが集まり、多くの観光客が楽しんでいる。外国人向け避暑地だった頃の文化が融合し、フードやファッションなどにおいても魅力的な品を揃える店が多い。  
  リンク  軽井沢銀座  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 聖パウロカトリック教会 】 長野県軽井沢町  
  軽井沢のシンボル、三角屋根の木造り教会  
  軽井沢銀座の北裏、水車の道にある。アメリカの建築家・アントニオ・レイモンドがヨーロッパの田舎にある教会をイメージして設計、1935(昭和10)年にイギリス人司祭・エドワード神父により建てられた。三角屋根と大きな尖塔、屋根にはマリア像、その頂には十字架が輝く。木のぬくもりが伝わってくる建物だ。結婚式場としても人気。ミサ及び結婚式以外は見学自由。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 雲場池 】 長野県軽井沢町  
  カラマツ、シラカバ、モミジなどの樹木に囲まれた憩いの場。冬には白鳥が訪れるため、開拓外国人たちからはスワンレイクと呼ばれていた。池を一周できる約20分の遊歩道が整備されている。遊歩道沿いには、春から秋にかけてクレソンやサワヒヨドリなど多くの草花が見られ、水鳥の観察もできる。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 旧三笠ホテル 】 長野県軽井沢町  
  1905(明治38)年築の優雅な純洋風ホテル  
  十五銀行や明治製菓に名を連ねた実業家・山本直良によって建てられた2階建洋館。日本人による設計・施工で、電照や暖炉や水洗トイレ、カーペットなど当時の贅を尽くした設備。社交界の舞台として「軽井沢の鹿鳴館」と呼ばれた。館内随所に見るべきものが多く、外観も印象的。現在は一般公開されている。国の重要文化財。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 白糸の滝 】 長野県軽井沢町  
  幅70mにわたって落ちる清らかな伏流水  
  軽井沢の名所で、浅間山の伏流水が湯川の源流となって流れ出す景勝地。高さこそ約3mだが、幅は70m。名のように何本もの白い糸がかかっているかのよう。滝がかかる黒い岩肌や周辺の樹木に囲まれ滝の白さが引き立つ。マイナスイオンがいかにも多そうな爽やかな空間だ。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会
  【 碓氷峠見晴台 】 長野県軽井沢町  
  長野県と群馬県の境にあたり、妙義山を正面に赤城山や八ヶ岳、浅間山などを見渡せる。旧軽井沢から近く、訪れる人は多い。中山道の旧碓氷峠にあたり、公園として整備されている。群馬県側は急勾配で視界が開ける。かつて軽井沢、そしてここを訪れ風景の美しさに魅せられた外人からサンセットポイントと名付けられた。  
  リンク  軽井沢町  軽井沢町観光協会