【 海野宿 】 長野県東御市  
  籠屋造り、蚕室造りの建物残る北国街道の宿場町
 
  寛永年間に北国街道の宿駅として開設された。東西に枡形が置かれ、道の中央を用水が流れ、両側には海野格子やうだつが見られる家並が続く。11月23日には、当時の衣装に扮した時代行列が見られる海野宿ふれあい祭りが開催される。日本の道百選。国の重要伝統的建造物群保存地区。  
  リンク  東御市  東御市観光協会
  【 池ノ平湿原 】 長野県東御市  
  三方ヶ峰火口原に広がる標高2000mの高層湿原  
  湯の丸高原と高峰高原の間に位置する。この付近は、地形や気候の影響で、里山から高山に至る多くの動植物が同じエリアで生息。高山植物も宝庫で、レンゲツツジやアヤメ、コマクサなどの群落が見事。三方ヶ峰や見晴岳などを巡るハイキングも人気。湿原までは、湯の丸高峰林道沿いの駐車場から徒歩約15分。  
  リンク  東御市  東御市観光協会