【 旧中込学校 】 長野県佐久市  
  現存する国内最古の洋風学校建造物  
  1875(明治8)年にアメリカ帰りの地元棟梁・市川代治郎によって建築された。八角の望楼が印象的な白塗りの木造2階建。八角の望楼には時を告げる太鼓が置かれており、太鼓楼とも呼ばれる。2階の廊下の丸窓・欄間にはまっているステンドグラスは、文明開化の象徴として評判になった。隣には教育資料館がある。国の重要文化財。  
  リンク  佐久市  佐久市観光協会