健康のためにマイナスイオン|OGIHARA

マイナスイオンを多く取り入れたい時には

マイナスイオンを多く取り入れたい時には

誰もがなどの病気に悩まされることなく「健康なまま老後を送りたい」と思うもの。そのためには、早いうちから健康管理を行うことが大切です。

そんな私たちは幸運なことに、身近に健康維持をサポートしてくれるものがあります。それがマイナスイオンです。健康維持に努めたいとお考えの方は、積極的にマイナスイオンを取り入れてみませんか?マイナスイオンを多く取り入れたい時には、水気の多い場所にご注目ください。

マイナスイオンが多く発生する水気の多い場所って?

滝壺

滝の水が落ち込む滝壺では、落下する大量の水が岩や水面、地面などに激しく当たって水滴が細かく分裂し、マイナスイオンが発生します。滝壺では常にこの現象が起こっているため、マイナスイオンが多く存在しているのです。

森林

樹木は根から水分を吸収し、その水分を葉から空気中に蒸散させる時に大量のマイナスイオンを発生させます。そのため、多くの樹木が密集する森林はマイナスイオンが多く発生する場所となるのです。しかし、全ての森林がマイナスイオンの多い場所というわけではなく、湿気が多い場所だとマイナスイオンが少ないこともあります。

公園などの噴水

公園などにある噴水も滝壺と環境が似ているため、マイナスイオンが多く発生します。噴水の近くにいった際に、水が霧状になっていればマイナスイオンが発生している証拠です。

銭湯

一般家庭のお風呂でもマイナスイオンは発生しますが、狭い空間ではすぐに湿度が上がってしまうため、発生するマイナスイオンの量は多くありません。

一方の銭湯はシャワーを使ったり、お湯を流したりすることで、多くの水が飛び散るためマイナスイオンの発生量も多くなります。さらに、一般家庭のお風呂に比べて空間が広々としており、換気も行われているのでマイナスイオンの発生を維持することができます。

簡単に多くのマイナスイオンを取り入れるなら発生器の導入を

滝や渓流、森林といった場所はいつでも行けるところではありませんし、時には危険を伴います。また、公園の噴水や銭湯といった場所も、たとえ近いところであっても頻繁に行ける場所ではないため、持続的にマイナスイオンを取り入れるのは難しいものです。

そこで、おすすめしたいのがマイナスイオン発生器です。マイナスイオン発生器を導入することによって、自宅でも簡単に多くのマイナスイオンを発生させることができます。マイナスイオン発生器といっても、お風呂に入れるタイプやペットボトルに入れるタイプなど、様々な種類がありますので使用用途に合わせて選ぶことをおすすめします。

健康のためにマイナスイオンを自宅でも簡単に取り入れたい方は、当社が販売するマイナスイオン発生器「ぷくぷく」をご利用ください。通常の水に入れるだけでマイナスイオン水にすることができます。六角タイプとミニタイプをご用意いたしましたので、お客様の用途に合わせてお選びください。商品やご購入に関して何かご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。