生活資金の目安を知り貯蓄計画|OGIHARA

老後の生活資金が不足する理由

老後の生活資金は公的年金だけでは賄えない

老後の生活資金は公的年金だけでは賄えない

「老後は年金を受給するから生活は大丈夫!」と、安心しきっていませんか?日本の年金の受給額を平均すると、国民年金は約5万円、厚生年金では約14万円となっています。
しかし、老後の生活に必要とする1ヶ月あたりの生活費は25万円が目安と言われています。そのため、貯蓄が無く年金のみで老後の生活を賄うことが難しくなるケースが出てきます。

老後の生活資金源を公的年金だけに頼ってしまうのは、後になって資金不足となるかもしれないのです。

医療費の増加

医療費の増加

歳を重ねるにつれて生活費を圧迫してくるのが「医療費」です。

個人差はあると思いますが、加齢による体の老化で通院する回数が上がってしまう可能性は「ゼロ」とは言い切れません。そして、病気の予防のために受ける自由診療・先進医療では、予想していた以上の出費になるかもしれません。

医療保険でも先進医療を対象外としていることも多いため、医療費の増加は深刻です。

老後の職不足

60~65歳で定年を迎えても、老後の生活資金が十分でないという場合があります。「足りない資金は元気なうちに働いて貯蓄すればいい」とお考えの方もいらっしゃいますが、高齢者の雇用は職場の折り合いや体力的な問題など、様々な障害がついて回ります。また、正社員雇用はとてもハードルが高く、パートやアルバイトでの雇用がほとんどということが現状です。

資金を増やす手段を知らない

余裕のある資金計画を立てるためにも、「正しく資金を増やす手段」を1つでも多く知っていたほうが良い時代です。不動産投資やFX、株取引など、労力を費やさずとも資金を増やすことは可能です。体力が低下してくる年齢を迎えた時には、パソコン1つで気軽に始められるFXはとてもおすすめです。

「老後の生活資金を少しでも増やしたい」とFXを始めようと思われている方は、当社までぜひご相談ください。当社では、FX投資の情報や保険に関しての情報を提供しています。独身の方はもちろん、夫婦で貯蓄計画を立てる際は、ぜひ当社のFX・保険情報をお役立てください。ホームページのメールフォームからどうぞお気軽にお問い合わせください。