癌予防なら|遺伝より生活習慣が似ている家系が要因|OGIHARA

自分の体を見直そう(食生活編)

三大生活習慣病の1つである予防するには、再発予防を含めて日頃の生活習慣に目を向けるところから始めることが大切です。ひとことで生活習慣といってもいろいろありますが、こちらでは食生活に注目していきます。

癌と食生活

癌と食生活

「血縁者に癌の人が多いから自分も癌になるかも…」と、癌という病気を考える上で家系が気になる方は多いかもしれません。しかし、癌につながる遺伝子変化は後天的なものであり、遺伝性の癌というのは約1%ととても珍しいケースなのです。

では、なぜ血縁者に癌を患っている方が多い家系が存在するのか?その理由として考えられるのが、食生活を中心とした「生活習慣が似ている」ということです。つまり、癌患者が多い家系であっても食生活に気をつければ、リスクを下げられるかもしれません。

摂り過ぎ注意の食品

摂り過ぎ注意の食品

私たちが何気なく口にしている食べ物や飲み物の中には、発癌性物質が含まれているものがあります。発癌性物質は、「非遺伝毒性物質」と「遺伝毒性発癌物質」とに分けられます。

特に気をつけたいのが、遺伝子を直接傷つけてしまう「遺伝毒性発癌物質」です。野菜を高温で調理した際に作りだされる物質、魚肉類の焼き焦げに含まれる成分などが、遺伝毒性発癌物質にあたります。その他にもアルコールや塩辛、ステーキなどの摂り過ぎには注意しましょう。

食事をする際に気をつけたいポイント

・栄養バランスを考える
・よく噛んでゆっくり食べる
・食べる順番(野菜・海藻類→肉・魚→お米・パン)
・腹八分でストップ

食生活の見直しと合わせて取り入れたいこと

癌を予防して充実した毎日を過ごしたいとお考えの方は、これまでの食生活を見直し、今後の食生活と習慣に気を遣うことが大切です。また、定期的な運動やストレス解消なども癌リスクを低下させるポイントです。

ただ、現代はストレス社会と呼ばれており、ストレスを感じずに過ごすことが難しくなっております。家族や友人に悩みを相談したり、森林浴をしてマイナスイオンを浴びたり、好きなことに没頭したりして、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

日々生活する住まいでリフレッシュをしたいという方は、当社で販売している「ぷくぷく」を取り入れてみませんか?「ぷくぷく」は、家庭用マイナスイオンイオン発生装置です。ストレス社会で生きる皆様にリラックス空間をご提供いたします。マイナスイオンで心を癒やし、ストレス社会に負けない日々をお過ごしください。