癌予防や再発防止なら|マイナスイオン発生器|OGIHARA

主要五大癌(がん)について

主要五大癌(がん)について

(がん)は日本人に多いとされる病気です。一言で癌と言っても種類は多くあり、種類によって症状や予防法も異なります。その中でも特に罹患数が多いとされる「主要五大癌」についてご紹介します。

胃癌

十二指腸と胃の境目である「幽門部」に発症しやすいと言われており、日本人の癌の発症率・死因の中でも特に割合を占めている病気です。胃袋の内側にある粘膜に癌ができると、徐々に外側へと進行していき、それにつれて癌の治療も難しくなっていきます。

肺癌

肺癌は主に進行が早い「小細胞癌」、進行が遅い「非小細胞癌」の2種類あります。その内、非小細胞癌は進行が遅く早期発見しやすい面はありますが、抗癌剤や放射線などの治療に対して反応が鈍いため長引きやすいという特徴があります。

大腸癌

大腸癌は早期発見ができれば予防・治療しやすいですが、死亡率は極めて高いです。大腸癌はこの先さらに増え続けると、日本の癌協会でも警鐘が鳴らされているほど近年増加傾向にあります。

乳癌

乳癌は乳管や乳腺小葉に多く発症し、胸に「痛み・しこり」といった違和感が起きます。女性に発症しやすく転移・再発しやすいのが特徴で、10人に1人は発症すると言われる身近な病気です。遺伝から発症することもあるため、乳癌患者が家系に多い方は定期的な検査をおすすめします。

子宮癌

女性特有の癌である子宮癌には、主に子宮頸部にできる「子宮頸癌」、子宮内膜にできる「子宮体癌(子宮内膜癌)」があります。子宮頸癌の進行は緩やかで、定期的な検診で発見することが可能です。子宮内膜は月経時に剥がれるため、若い年代の発症はほとんど見られませんが、閉経時に発症が増えます。

癌を予防して健やかに生活するためには、免疫力の高い健康的な体づくりが重要です。食生活が乱れがちな方や加齢で健康が気になっている方、癌を予防するためにも生活習慣を改善することをおすすめします。
例えば、喫煙や飲酒、カフェイン、刺激物を控える、飲料水を変えるなど、生活の中に取り入れやすいことなら始めやすいと思います。

そして、マイナスイオンを生活に取り入れることをお考えでしたら、当社までお気軽にご相談ください。当社では、健康維持のサポートに役立つマイナスイオン発生器を取り扱っています。