がん免疫療法の臨床試験の手引案がまとめられました。


専門家による検討委員会が免疫の力を利用してがんを攻撃する免疫療法の開発を進めることを目的とした臨床試験(治験)の手引案をまとめました。免疫療法は腫瘍(しゅよう)が小さくならなくても生存期間が延びる場合があるなどと言われており、その特性に合わせた有効性や安全性の評価の指針が示されているそうです。厚生労働省はこの手引案をもとに国の指針をつくり、実用化を促すとのことです。

免疫療法は手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法として期待されています。免疫細胞を注入する治療法や、がん細胞特有の目印を利用するワクチン療法、免疫のブレーキを解除する治療法などが研究されています。

しかし、がんを直接攻撃する抗がん剤とは作用が異なり、腫瘍がどれくらい縮小したかなどでみる従来の評価法では効果の判定が難しい場合があります。また、免疫細胞が増殖して体内に長い間とどまることもあり、通常の薬とは副作用の出方が異なる可能性もあるそうです。一言で免疫療法と言っても、現在は数多くの種類が存在しますので、この手引案により明確な指針が打ち出されることが期待されます。

参考:朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASH1963DLH19ULBJ017.html


CTL療法


リンパ球は、通常はがんの特徴を覚えていないのですが、独自の技術によってその特徴を覚えさせたリンパ球を体外で培養し体内に戻し、がん細胞に照準をあわせて行う治療をCTL(細胞傷害性Tリンパ球)療法といいます。

ただしリンパ球が増えにくい人もいるので、そういう場合には使うことができません。

費用は、1回で約15万円から30万円程度と施設により異なります。