がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


軟部肉腫の治療


軟部肉腫は「MRI検査」・「CT検査」・「針生検」などの検査を行い、ステージ(病期)を判断します。軟部肉腫のステージは、以下の通りです。

Ⅰ期:大きさ・位置に関係なく低悪性度。

Ⅱ期:5センチ以下の場合には、位置に関係なく高悪性度。5センチ以上の場合には、表在性(肉腫の位置が皮膚に近い)で高悪性度。

Ⅲ期:大きさは5センチ以上で深在性(肉腫の位置が深いところにある)、かつ高悪性度。

Ⅳ期:リンパ節や他臓器に転移がある。

治療は手術が基本となり、状況により放射線療法や化学療法をプラスして行います。Ⅰ期で悪性度が低く、肉腫の大きさが5センチ以下の場合は、手術だけで治療が終わる可能性が90%以上もあり、Ⅱ期の場合でも手術後に切除した肉腫を病理検査し、すべての肉腫が切除できていれば、放射線療法を行う必要はありません。(リスクがあると考えられる場合には、放射線療法を行います。)

また神経や血管を残すために、追加して放射線療法を行うこともあります。ただし放射線を照射する場合、食道がんなどでは手術前に照射をすることが基本的な治療となっているのに対し、軟部肉腫の場合には手術後に照射を行うことが基本となっています。さらに皮膚が硬くなり動かせなくなる可能性があるため、手首や足首の先には放射線の照射は行いません。


筋肉・脂肪・血管などに発症する軟部肉腫


がんは大きく次の3つに分けられます。①皮膚や消火器などにできるがん、②血液のがん、③筋肉・脂肪・骨・軟骨などにできるがん。さらに肉腫は、骨にできる「骨肉腫」や「軟骨肉腫」などと、その他にできる「軟部肉腫」に分けられます。

脂肪組織・結合組織・神経・筋肉・血管・リンパ管などを軟部組織と呼びますが、そこにできるがんが軟部肉腫です。軟部肉腫は非常に種類が多く、100種類以上もあります。軟部肉腫の中で患者さんの多い疾患をあげると、「悪性繊維性組織球腫」、「脂肪肉腫」、「平滑筋肉腫」、「横紋筋肉腫」、「滑膜肉腫」の順になります。発症に男女差はなく、横紋筋肉腫は小児の発症もありますが、その他の肉腫は40歳以降に多く、60代~70代に罹患のピークをむかえます。日本の年間の患者数は、約3000人程度と考えられています。

軟部肉腫は神経に触らない場合や炎症が弱い場合には、ほとんど痛みを伴うことはありません。そのため、発見が遅くなる傾向があります。皮膚に近いところにできた場合には腫れてくるのでわかることもありますが、体幹(胴体)の付け根、骨盤の中、お腹の中などにできた場合には、ある程度の大きさになるまでわからないこともあります。また体型による差もあり、太っている人よりも痩せている人の方が発見しやすいと言われています。

基本的には中高年の病気ですが、高齢化とともに、患者さんの数は増加傾向にあると思われます。


http://www.cancer110.com/