頭頚部がんの放射線治療


頭頚部がんとは、首から上で脳以外の悪性腫瘍の総称です。この部分は、見る・聞く・話す・食べる・息を吸うなどといった重要な機能が集中しており、さらに外見上の変化が非常に目立つ場所です。このことが治療方針に大きく関わっててきます。

ここでは代表的な頭頚部がんを疾患ごとに取り上げていきます。

上咽頭がん:放射線が効きやすい腫瘍が多いことと脳や視神経などに近く、手術は困難なため、放射線治療(+化学療法)が標準的な治療となります。

中咽頭がん:治療後の機能(特に嚥下)の予測や腫瘍の広がりにより、手術が勧められる場合と放射線治療(+化学療法)が勧められる場合があります。

下咽頭がん・喉頭がん:手術では声帯を全部もしくは一部切除する必要があり、声が残らないか声の質が低下することが多く、音声温存目的で放射線(+化学療法)が選ばれることが多くあります。

鼻・副鼻腔がん:手術での顔貌の変化を低減するために手術・放射線・抗がん剤を併用する場合がります(三者併用療法)。この領域では、粒子線治療(重粒子線治療・陽子線治療)が有効なこともあります。

甲状腺がん:手術が一般的ですが、遠隔転移例では放射性ヨード内服による内照射療法が行われることもあります。

頭頚部放射線治療で起こりうる有害事象

禁煙は必須です。粘膜炎(口内炎など)、皮膚炎、味覚障害、声がれ、滲出性中耳炎(水が溜まり、聴力が下がる。)、嚥下時の違和感、唾液腺障害(唾液が出にくくなる。口の中が乾いて粘っこくなる。)などがあります。

唾液腺障害が起こると、虫歯から顎の骨に炎症が及ぶこともあるので、治療前の抜歯が必要なこともあります。


「情報誘導手術」の有効性


東京女子医科大学で行われている「情報誘導手術」は、MRI・大型モニター・多数のカメラが設置されている手術室(インテリジェント手術室)で行われる、脳腫瘍を摘出するための手術です。従来の手術は外科医の経験と技術によって行われてきましたが、客観的で再現性のある情報に基づいた「情報誘導手術」を行うことにより、手術の成功確率を上げることが可能となりました。

「情報誘導手術」は手術中にMRI検査(術中MRI)を行うことにより、腫瘍の位置情報(解剖学的情報、ナビゲーション)、どこに重要な脳の働きをする場所があるかの情報(機能的情報)、摘出したものが腫瘍であるかどうかの情報(組織学的情報)を確認しながら手術を行うことができます。この導入により取り残しが少なくなり、腫瘍自体を最大限に摘出することが可能になりました。

言葉の神経(言語野や言語神経)に近いところの腫瘍を摘出する際には、患者様と話しながらの手術(覚醒下手術)によって言語障害(失語症)を最小限に抑えながら、運動神経が傷ついていないかをみる運動誘発電位を施行し、半身不随(麻痺)の出現を防ぎながら手術を進めます。一方、どこまでとるべきかを確認するためには、小さな組織を取り、それを手術中にインスタント診断(術中迅速診断)し、確認を行います。

腫瘍の体積を手術摘出後の体積を比較した96例の神経膠腫の平均摘出率は93%であり、麻痺や失語症などの後遺症は14%でした。またMRIでの画像上で異常と思われる腫瘍が全部摘出できた事例が44例もあり、「情報誘導手術」は今後も脳腫瘍の治療に大きく貢献すると期待されています。


http://www.cancer110.com/