がん遺伝子診断 胃や食道などにも拡大


国立がん研究センターは11日までに、全国からがん患者を集めて遺伝子を診断する疾患の対象を広げると発表しました。これまでは肺と大腸を対象にしていましたが、胃や食道、小腸など消化器系がんも対象にするそうです。約200の医療施設や国内外の製薬企業十数社と共同で進めるとのことで、2017年までに4500人分のデータを集め、患者の体質に応じて治療を選ぶ個別化治療につなげることを目指すそうです。

がんセンターが進めるのは「スクラムジャパン」と呼ばれるプロジェクトで、13年から肺がん、14年から大腸がんの患者を対象に、遺伝子の診断を始めていました。

診断では米医療機器メーカーが開発し、米国立がんセンターが採用した新しい検査薬を使用するそうです。1回の診断で140個以上の遺伝子変異が分かり、検査の効率化が期待できます。国内では承認されていないため、今回のプロジェクトを通じてデータを蓄積し、20年をメドに承認につなげたいと考えているそうです。

がんセンター早期・探索臨床研究センターの大津敦センター長は「今後すべてのがんに枠組みを広げ、通常の診断で結果が生かせるようにしたい」と話していらっしゃいます。

参考:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H90_R10C15A3CR0000/


がんの原因、第1位は「細胞の突然変異


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


「息の温度」から肺がんを診断できる日が来る?


息の温度と肺の腫瘍の存在の間にある関係について、イタリアで研究されているそうです。もし証明されれば、画期的な肺がん診断方法となることでしょう。

フォッジャ大学のある研究によってもたらされ、9月8日のヨーロッパ呼吸器学会(European Respiratory Society)の年会において発表されました。

それは、単純に息の温度を測定するだけで、肺がんの存在を確認することのできる診断方法です。もし証明されれば、効果的で低コストの早期診断のための新技術になる可能性が大いにあります。

その研究には、レントゲン検査で疑わしい結果が出て精密検査を受けるように勧められた82人の人々が参加し、うち40人は追加の検査によって、がんの存在が確認されたそうです。

研究者たちはすべての参加者たちの息の温度を分析して、「これ以上ならば、非常に高い精度で肺がんの存在を診断できる」温度の存在を示したようです。息の温度はさらに、患者が習慣的な喫煙者だった年数や、腫瘍の進行段階とも関係することが判明されています。

研究のコーディネーター、ジョヴァンナ・エリジアーナ・カルパニャーノは「わたしたちの結果は、肺ガンが息の温度を上昇させることを示唆しています。もし息の温度によってこの病気を見つけ出すことのできるテストを完成させることができれば、患者たちに簡単でストレスのほとんどない検査を提供することによって、診断プロセスの改善となるでしょう。医師にとっても、経済的でより非侵襲的な検査となります。」と説明しています。

肺がんは、世界的に毎年非常に多くの犠牲者を出している腫瘍のひとつです。例えば、ヨーロッパでは2分ごとに誰かが肺ガンで亡くなっており、イタリアでは毎年この病気が約38,000人の人々を襲い、34,000人の死亡の原因となっていると推定されています。日本における部位別のがん死亡率でも肺がんは2011年の時点で男性1位、女性2位と非常に多くの方がなくっている病気です。この診断方法が確立されることで、早期発見の可能性が高まり、多くの患者様が救われることを願うばかりです。

http://www.sankei.com/wired/news/140924/wir1409240001-n1.html


肺がんのPDT治療


肺がんの早期発見により、一定の条件を満たした場合、区域切除という縮小手術が可能になってきています。肺の機能を多く残すことができ、患者さんへのメリットの大きな手術となっていますが、この区域手術は肺の外側にできた早期の肺がんが対象であり、同じ早期の肺がんでも太い気管支にできた中心型肺がんは、気管支鏡を用いた別の治療が必要となります。

その治療が、専用の薬剤と低出力レーザー光線を使用して行う「光線力学的治療(PDT)」です。PDTは患者さんに前もってレーザー光線に反応しやすい特殊な腫瘍親和性光感受性物質「フォトフィリン」(レーザー照射の48時間前)、または「レザフィリン」(同4時間前)を投与しておき、光感受性物質が正常細胞より数倍多くがん細胞に集まることを利用して行う治療です。

次に特殊な気管支鏡の自家蛍光内視鏡を口から気管支に挿入し、光感受性物質が多く集まり赤く光っているがん細胞に低出力レーザー光線を照射します。低出力レーザー光線が光感受性物質に当たると光化学反応をおこし、活性酸素が発生します。その活性酸素により、がんを死滅させます。赤い光が消失すると治療は終了となります。

現在、肺がんのPDT治療を世界で最初に開発した、東京医科大学病院での中心型早期がんに対する「レザフィリン」を用いたPDTでの治癒率は、95.8%と非常に良好です。ただし、20~30%の確率で再発が確認されることから、治療終了後の定期的検査が必要です。


肺がんの縮小手術


早期の状態で発見される肺がんが増えてきていることで、からだにやさしい胸腔鏡による手術の適用になるケースが増えてきているだけでなく、肺のより多くの機能を残す縮小手術も行われるようになってきています。2009年に日本で行われた肺がんの手術の約22%が縮小手術(区域切除・部分切除)となっており、特に区域切除が増加してきています。

縮小手術の区域切除は非小細胞がん(扁平上皮がん・腺がん・大細胞がん)のうち、早期の肺がんが対象となります。肺葉の切除ではなく肺葉をより区域的に切除するため、肺葉の外側3分の1くらいまでにできている早期がんが対象になります。

区域切除を行うための具体的な条件は、以下の通りです。①非小細胞がんであること。②直径2センチ以下のがんであること。③リンパ節に転移がないこと。④肺葉の外側3分の1くらいまでにがんができていること。

現在、早期肺がんに対する肺葉切除と区域切除との比較試験が、臨床試験として行われていますが、結果が出るまでにはあと7~8年はかかる見込みです。それまでの間は、専門医が区域切除の条件を満たしていると判断し、患者さんに十分に説明を行い、納得した上で行われることになります。

ただし肺葉の中央から内側にできているケースでは区域切除ができないため、肺葉切除になってしまう点に注意が必要です。


早期肺がんの胸腔鏡手術


肺がんは種類で分けると、転移しやすい小細胞肺がんは化学療法・放射線療法で対応し、非小細胞肺がん(扁平上皮がん・腺がん・大細胞がん)は、早期であれば手術が基本となります。日本では毎年3万件以上の肺がん手術が行われており、その手術の約75%は肺葉切除で行われています。

肺は右肺と左肺があり、右肺は上葉・中葉・下葉の3つの肺葉からできており、左肺は上葉・下葉の2つの肺葉からできています。がんのできている肺葉を切除する「肺葉切除」が標準手術となっています。標準術式は、肺葉切除と周囲のリンパ節の切除になります。基本的には胸を切り開き肺葉の切除を行いますが、比較的早期に発見された肺がんについては、胸腔鏡を使ったからだに負担の少ない手術も広く行われるようになってきています。

胸腔鏡手術は、左肺にがんができた場合には患者さんの右わきの下、左肺にがんができた場合には左わきの下に直径3~4センチ程度の孔を1つと、直径1センチ程度の孔を2ヶ所あけます。大きな孔からは胸腔鏡を入れ、小さな穴からは手術器具を入れます。胸腔鏡は拡大することも、上下左右に画面を振ることもできます。またがん部分だけではなく、リンパ節の切除を行うこともできます。

早期がんの増加に伴い、胸腔鏡を使った手術は増加傾向にあります。胸腔鏡手術のメwリットには、キズが小さい、術後の痛みが少ない、早期退院・早期の社会復帰が可能になるなどがありますが、そうしたメリットが患者さんから支持をされているのだと思われます。


肺がんのTNM分類


肺がん治療において重要となることは、次の3点です。

1点目は、「中心型肺がん」か「末梢型肺がん」かということ。2点目は、「小細胞がん」・「扁平上皮がん」・「腺がん」・「大細胞がん」のどれであるかということ。3点目は、病期(ステージ)です。

「TNM分類」は、がん細胞の広がり度合によってがんの進行度を分類するもので、国際的に使われているものです。「T」は原発がんの大きさや進展度、「N」はリンパ節転移の有無、「M」は遠隔転移の有無です。

ⅠA期:がんが3センチ以下でリンパ節転移がない。

ⅠB期:がんが3センチ以上、5センチ以下でリンパ節転移がない。

ⅡA期:がんが5センチ以下で、がんのある側の肺内リンパ節に転移がある。または、がんが5センチ以上、7センチ以下でリンパ節転移がない。

ⅡB期:がん5センチ以上、7センチ以下で、がんのある側の肺内リンパ節に転移がある。または、がんが7センチ以上だが、リンパ節転移がない。

ⅢA期:がんの大きさに関わらず、病巣側の縦隔リンパ節にまで転移がある。

ⅢB期:がんの大きさに関係なく食道や大動脈など周辺の臓器にがんの浸潤がみられたり、病巣の反対側のリンパ節にまで転移があること。

Ⅳ期:がん細胞を含んだ胸水などがたまっている。または、他臓器への遠隔転移があること。

「TNM分類」おいて最も早期のがんの状態は、がんの大きさが2センチ以下のT1aで、リンパ節転移や他臓器転移のない状態です。この時期で発見し、治療を行うことが望まれます。


種類によって異なる肺がんの治療法


肺がんの治療は、「小細胞がん」に対する治療と、それ以外の「非小細胞がん」に対する治療とに大別されます。肺がんの組織型による分類は、まずは「小細胞がん」と「非小細胞がん」とに分けられ、さらに「非小細胞がん」は「扁平上皮がん」・「腺がん」・「大細胞がん」に分類されます。

小細胞がん:他のがん以上に小さながん細胞で、細胞分裂が激しいため増殖が速く、転移しやすいがんです。肺がんの中では約10~15%を占めています。外科治療が適応となることはまれであり、化学放射線療法や化学療法が中心となります。

残りの85~90%が非小細胞がんであり、早期であれば外科治療が第一選択となります。

扁平上皮がん:肺がんの約30%程度を占め、その多くが中心型肺がんです。喫煙者の男性に多く、症状が出やすいため、血痰や乾性の咳が続くときには注意が必要です。

腺がん:肺がんの約50%を占める、発生頻度の高いがんが腺がんです。喫煙者だけでなく、女性の非喫煙者にも発症する肺がんはこのタイプです。肺の奥深い末梢にでき、転移は比較的早い段階から起こるため、十分に気を付ける必要があります。

大細胞がん:肺がんの約5~10%を占めます。末梢にできる特徴のないがんですが、極めて悪性度が高く増殖性の高いがんです。肺がんの中では小細胞がんが最も悪性度が高いといわれますが、大細胞がんはそれに近い悪性度を持っています。


肺がんの確定診断をする3つの「生検」


日本人の死因第一位はがんですが、その中で部位別にみて最も多いがんが肺がんです。2010年度の肺がんによる死亡者数は、6万9813人となっています。

肺がんは発生した場所によって「中心型肺がん」と「末梢型肺がん」とに分けられます。太い気管支にできるがんが中心型で、肺の先(奥)にできるがんが末梢型です。「胸部x線検査」や「胸部CT検査」、さらに痰を取って調べる「喀痰細胞診」などで肺がんのスクリーニング検査が行われ、ここで肺がんが疑われると精密検査(生検)を行うことになります。

生検とは生体組織の一部を採取し病期の確定診断を行うことで、肺がんの生検には「気管支鏡検査」、「経皮的針穿刺生検」、「胸腔鏡検査」が基本となります。

気管支鏡検査:内視鏡のひとつである直径約5ミリの気管支鏡を口から挿入し、がんの疑われる部分の組織を採ります。中心型肺がんに最も適した検査です。

経皮的針穿刺生検:気管支鏡では組織を採ることができない末梢型肺がんでは、皮膚から近いところではこの生検が行われます。経皮的なので、局所麻酔を行った皮膚から細い針をがんが疑われる部分に刺して組織を採ります。X線透視下、もしくはCTガイド下で行われます。

胸腔鏡検査:経皮的針穿刺検査を行っても診断のつかない場合に行われます。胸腔鏡検査は、小さな傷から胸の中に胸部専門の内視鏡と医療器具を挿入して行う検査です。

これらの検査で採取した組織から肺がんの組織型を調べ、加えて、からだの各部位のCTやPETなどの検査で進行度を調べた後、治療を行います。


非小細胞肺がんの遺伝子診断


がん治療の分野では最近「遺伝子診断」という言葉が聞かれる様になってます。

それは非小細胞肺がんでも重要な要素となっています。

それはどうしてでしょうか?

がん細胞は遺伝子異常によって生まれ増殖します。ですので、その遺伝子異常を特定し、その働きをブロックすることにより、がん細胞の増殖を止める治療が行われています。そしてそのような手法は肺がんでも、いくつかの治療として確立しています。

その中でも肺線がんの代表とも言える遺伝子異常がEGFR遺伝子異常です。そしてこれをブロックする分子標的薬がイレッサとタルセバです。日本人の肺腺がん患者さんのうち50%にEGFR異常があると言われています。その異常がある患者さんにはイレッサ・タルセバともに高い効果を発揮します。

またEML4-ALK融合遺伝子を調べる検査で陽性と出た患者さんにはALK阻害薬を投与すると、ときに非常に高い治療効果を発揮することがあります。その薬とは2012年3月に承認されたザーコリという分子標的薬です。このザーコリは日本でも「ドラッグ・ラグ」もほとんど無く承認された薬です。

このような遺伝子異常のある方にそれぞれにあった薬を投与すると非常に高い効果が期待できます。しかしながら、それがない患者さんにこの薬を使うと逆に治療成績が悪くなるケースが多いようです。

つまり、どのような遺伝子異常によって生じた「がん」なのかによって薬が選ばれる時代が到来しつつあるのです。それによって、効く人に選択的に薬を使い、効かない人には使わないことによって不要な副作用を防ぐことも出来るのです。


http://www.cancer110.com/