がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


膵臓がんの術後合併症と社会生活


膵臓がんの術後合併症の発生率は他のがんの手術と比べて高くなりますが、中でも膵液漏(膵臓を切った面から少量の膵液が漏れてしまうこと)が大きな問題となります。膵頭部切除なら尾側膵と消化管(小腸もしくは胃)との吻合部、膵体尾部切除なら切離断端には少なくとも小さな膵液漏が必ず生じます。膵液漏は時間とともに治まりますが、膵液漏が治まる前に周囲の重要な血管が膵液にさらされて溶けてしまい、大出血を起こす危険があります。そのような危険を少なくするために、膵液を体外に流しだす「ドレーン」と呼ばれる管をおなかに長時間留置しておかないといけません。術後ある程度の時間が経過すると自宅での管理も可能となるため、社会復帰を目指して管を留置したまま退院となることもあります。

社会復帰に際して支障が出て、生活の工夫が必要になる可能性がある主なものには、創痛(手術のきずの痛み)、食事、下痢、糖尿病、通院などがあります。創痛は通常、時間の経過とともになくなっていきますが、痛みが続くようであれば鎮痛剤を使用して対処します。1回ごとの食事量は、特に術後早期には減ってしまう可能性があるため、そのような場合には食事の回数を増やすことや、よく噛んで食べることで消化吸収をよくするなどの工夫をし、生活に必要な栄養量を摂取します。

また腸管運動を司る神経を一部切除することで下痢が発生することもあり、そのような場合には内服薬による治療を行います。さらに膵臓を切除することで糖尿病を発症することや、もともとあった糖尿病を悪化させる可能性もあります。糖尿病の専門医による管理を行う必要がありますが、丁寧に管理を行っていけば日常生活に支障をきたすことはありません。

膵臓がんは切除後にも再発転移する頻度の高いがんなので、医療機関を定期的に受診し、CT検査や腫瘍マーカーなどの血液検査を行い、再発の監視をすることが大切です。少なくとも5年以上は、定期的な検査を行うことをおすすめします。


膵臓がんの治療法


膵臓がんをどのように治療するのかは、がんの進行度と全身状態により決定されます。

がんが膵臓あるいはその周辺に限局している場合には、手術あるいは手術を中心とした治療(手術+全身化学療法など)が行われます。がんの範囲は限局しているが、がんが周囲の主要動脈などにもおよんでいるため切除ができない場合には、放射線療法や全身化学療法などが行われます。これらに消化管や胆管のバイパス手術を組み合わせることもあります。がんが転移している場合には、全身化学療法を行います。

いずれの場合も、全身状態があまりよくないため、がんに対する治療の負担が大きすぎると考えられる場合には、痛みなどの症状のコントロールに重点をおいた緩和治療が選択されることもあります。

標準治療以外に臨床試験(新しい治療の試験)を受けるという選択肢もありますが、臨床試験は施設によって決められた方法で行われるため、治療内容については各施設に確認が必要です。また臨床試験毎に治療を受けるための条件も厳格に決められているため、誰もが受けられる治療ではありますん。

膵臓がんの進行度と一般的な治療方針は、以下の通りです。

Ⅰ・Ⅱ期:手術、あるいは手術を中心とした治療

Ⅲ期:放射線療法+全身化学療法、あるいは全身化学療法

Ⅳ期:全身化学療法、あるいは緩和治療


膵臓がんの予防と早期発見


膵臓がんは膵臓に発生する上皮性悪性腫瘍のことを指しますが、病理組織学的にはさらに数種類に分類されています。一般的に膵臓がんとは、数種類ある膵上皮性悪性腫瘍のうち浸潤性膵管がんのことを指します。

日本では年間2万人以上の方が膵臓がんが原因で亡くなっており、年々増加の傾向にあります。患者数は女性より男性が若干多く、部位別死亡者数から見ると男性が第5位、女性が第4位に位置しています。

膵臓がんの発生の原因については十分に解明されてはいませんが、喫煙については、膵臓がんの発生を高める要因となっていることが確認されています。

膵臓はからだの深部にあり、多くの臓器に囲まれているため、がんが発生しても早期に発見することは非常に困難です。また膵臓がんは早期には特徴的な症状が少なく、膵臓がんになりやすい人を特定することも難しいため、精密検査をどのような人たちに勧めたらいいのかもわかっていません。このような理由から、膵臓がんは発見された時点で既に手術等の標準的な治療ができないほど進行している患者さんの割合が他のがんよりも高率となっています。膵臓がんの治癒率の向上をめざし、早期膵臓がんに対する効率的な診断方法を確立するための研究が、国内外で積極的に行われたいます。

膵臓がんを発見するための検査としては、血液生化学的検査・画像診断検査(超音波検査・造影CT検査・ERCP検査・MRI検査・血管造影検査・FDG-PET検査)・病理組織学的検査(超音波ガイド下生検・ERCP検査)の3つがあります。


膵がんの重粒子線治療の可能性


独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センターでは2007年から局所進行膵がんゲムシタビン併用重粒子線治療を行ってきました。ゲムシタビン併用試験では、線量増加を行いつつ76例の治療を実施しました。線量増加に伴い局所制御率が向上し、長期生存が得られる患者さんが増えてきています。比較的高い線量(45.6GyE以上)を照射した36例では、2年生存率64%と良好な治療成績が得られています。

これらの成果を踏まえ、手術ができない患者さんを対象とした局所進行の膵がんに対するゲムシタビン併用重粒子線治療は、2012年の3月に先進医療への移行が認められました。

また、手術を前提とした局所進行膵がんの手術前の短期照射も先進医療として行っています。

しかし残念ながら局所進行がんのみが対象となっており、転移がある場合は対象となっておりません。

また、一定線量以上の粒子線が胃や十二指腸にあたると、潰瘍が出来たり穴が開いてしまうなどのリスクもあります。粒子線による障害は治りにくいことが多いので、このようなリスクがあることも理解して治療にあたる必要があるでしょう。


膵がんの検査と治療


膵がんの疑いがある場合には血液検査と画像診断を行います。

血液検査は腫瘍マーカーである、CA19-9、DUPAN2、SPAN1を調べます。また、画像診断ではMR胆管膵管撮影や造影剤を用いたCT検査、超音波内視鏡などが行われます。確定診断は膵液細胞診や生検などでされます。

膵がんはステージ3までで発見される患者さんが全体の20%、ステージ4で発見される患者さんが80%となります。ステージ3までで発見された方は外科手術が行われ、術後にゲムシタビンなどの補助化学療法が行われます。ステージ4a期でも切除可能の場合は同様な治療方法が取られます。またステージ4aでも切除不能の場合と、ステージ4bの場合は化学放射線療法、化学療法、支持療法が行われます。がんが膵臓内に留まっている場合は化学放射線療法が選択されるケースが多くなっています。

また、4a期以前であれば粒子線治療の可能性もありますが、それについては別項で触れさせて頂きます。


膵がんの症状


膵がんは初期症状が現れにくいのも特徴です。他の臓器に転移して転移先で発見されるケースも少なくありません。しかしながら、次のような症状が現れることもあります。

1.胃の調子が悪い

2.背中が痛い

3.体重の減少

4.吐き気・嘔吐

5.黄疸(皮膚や目が黄色く変色する)   などです。

また、膵臓は内分泌機能としてインスリンやグルカゴンなどのホルモンを分泌し、血糖値を一定に調節する昨日を持っていますが、膵がんにかかることによりこの機能が衰えるます。

ですので、糖尿病を急に発症した場合や、糖尿病の患者さんで糖尿病が急激に悪化した場合は膵がんを発症している可能性が考えられますので、注意が必要です。


膵がんの特徴


早期発見が難しいとされる膵がんですが、そもそも膵臓の位置や働きをご存知でしょうか。

膵臓は胃の下、十二指腸にくっついた位置にあります。大きさは15~20cm、幅3~4cm、厚み2cmくらいで、ちょうどとうもろこしを横にしたような形をしています。

膵液という消化液をつくり、食べ物の消化吸収を助けたり、インスリン、グルカゴンなどのホルモンを分泌し、血糖値を一定に調節する働きをしています。

膵がんは、他のがんと比べて浸潤、転移しやすいという特徴があります。通常のがんであれば2cm以下であれば早期がんとして扱われますが、膵がんの場合は2cm以下でも、浸潤・転移していることが多く、早期がんとは言えません。それでは、なぜ浸潤・転移が生じやすいのでしょうか。それは、膵臓は周囲に血管やリンパ管が張り巡らされているためだろうと考えられています。そのうえ、膵がんは他のがんと比べても、がんに関わる遺伝子に傷が沢山ついており、これも浸潤・転移しやすい要因の一つと考えられています。


http://www.cancer110.com/