がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


増加する「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」


最近、お酒をまったく飲まない、あるいは飲んだとしても1日に日本酒1合程度で脂肪肝(脂肪肝とは、肝臓の細胞の5%以上に脂肪のかたまりが沈着した状態を言います。)になる人が増えています。これを「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」と言い、これは内臓脂肪型肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などを背景に発症するメタボ型の脂肪肝です。

NAFLD(ナッフルディー)の8割は、「単純性脂肪肝」といって、進行の恐れがない良性の脂肪肝です。残り2割がNASH(非アルコール性脂肪肝炎)に進んでしまいます。NASH は、炎症や線維化(肝臓が硬く変質する)をともなう進行性の脂肪肝です。約10年で3割前後が肝硬変、肝がんに進みます。過度の飲酒がなくても、生活習慣病から肝がんになるケースがあるということです。

診断は、CT(コンピューター断層撮影)やエコー検査で脂肪肝の有無を調べます。血液検査では、肝臓の組織が壊れると値が高くなるAST、ALT、γ-GTP、線維化の程度を示す線維化マーカーと血小板数のほか、肝臓の鉄貯蔵量を示す「フェリチン」、空腹時の血中インスリンなどを調べます。

これらが異常値を示した場合、NASHの可能性が高くなります。ただし、確定診断には、直接肝臓の組織を採取して調べる「肝生検」が必須になる。

NASHの治療法については、減量が最も大切だと考えられています。食生活の改善を図り、ウォーキング等の適度な運動を心がけて下さい。薬物療法を大縄際には、ウルソデオキシコール酸が有効であるとの報告もありますが、治療の際には担当医師と十分に相談をするようにしてください。


肺がんの放射線治療


肺がんには非小細胞肺がんと小細胞肺がんがります。がんの進行度により標準的な治療方法が異なりますが、放射線治療は肺がんの治療目的と症状改善目的のいずれにも応用されています。肺がんの放射線治療は外部照射がほとんどですが、気管・気管支内の早期がんに対しては小線源治療を併用することがあります。

非小細胞肺がんの中で早期がんに対しては、手術が標準的治療です。早期肺がんで高齢や合併症のため手術できない、あるいは手術を希望されない場合でも、三次元放射線治療や粒子線治療などの高精度の放射線治療で完治させることもできます。ある程度進行した非小細胞肺がんと小細胞肺がんに対しては放射線治療を行い、身体の状況が許せば化学療法も併用します。照射範囲には原発巣と胸の中のリンパ節領域を含めます。非小細胞肺がんでは、1日1回の治療で6週間ほど治療をします。

小細胞肺がんは比較的増殖の速いがんの1つですが、1日1回の照射方法以外に1日2回の治療方法で3週間ほど放射線治療を行うこともあります。

進行肺がんの放射線治療に特徴的な副作用は、食道炎です。食道は気管のうしろに位置しており、進行肺がんの放射線治療ではある程度の放射線があたるために、治療後半より食べ物や飲み物がつまる感じや嚥下痛が出現します。なるべくよく噛んで少しずつ、時間をかけて食事をすることが大切です。また治療後半より終了数か月後に出現してくる肺の炎症(肺臓炎)も、重大な副作用のひとつです。正常な肺にあたる放射線の量を減らす工夫が重要とされています。


膵臓がんの術後合併症と社会生活


膵臓がんの術後合併症の発生率は他のがんの手術と比べて高くなりますが、中でも膵液漏(膵臓を切った面から少量の膵液が漏れてしまうこと)が大きな問題となります。膵頭部切除なら尾側膵と消化管(小腸もしくは胃)との吻合部、膵体尾部切除なら切離断端には少なくとも小さな膵液漏が必ず生じます。膵液漏は時間とともに治まりますが、膵液漏が治まる前に周囲の重要な血管が膵液にさらされて溶けてしまい、大出血を起こす危険があります。そのような危険を少なくするために、膵液を体外に流しだす「ドレーン」と呼ばれる管をおなかに長時間留置しておかないといけません。術後ある程度の時間が経過すると自宅での管理も可能となるため、社会復帰を目指して管を留置したまま退院となることもあります。

社会復帰に際して支障が出て、生活の工夫が必要になる可能性がある主なものには、創痛(手術のきずの痛み)、食事、下痢、糖尿病、通院などがあります。創痛は通常、時間の経過とともになくなっていきますが、痛みが続くようであれば鎮痛剤を使用して対処します。1回ごとの食事量は、特に術後早期には減ってしまう可能性があるため、そのような場合には食事の回数を増やすことや、よく噛んで食べることで消化吸収をよくするなどの工夫をし、生活に必要な栄養量を摂取します。

また腸管運動を司る神経を一部切除することで下痢が発生することもあり、そのような場合には内服薬による治療を行います。さらに膵臓を切除することで糖尿病を発症することや、もともとあった糖尿病を悪化させる可能性もあります。糖尿病の専門医による管理を行う必要がありますが、丁寧に管理を行っていけば日常生活に支障をきたすことはありません。

膵臓がんは切除後にも再発転移する頻度の高いがんなので、医療機関を定期的に受診し、CT検査や腫瘍マーカーなどの血液検査を行い、再発の監視をすることが大切です。少なくとも5年以上は、定期的な検査を行うことをおすすめします。


膵臓がんの治療法


膵臓がんをどのように治療するのかは、がんの進行度と全身状態により決定されます。

がんが膵臓あるいはその周辺に限局している場合には、手術あるいは手術を中心とした治療(手術+全身化学療法など)が行われます。がんの範囲は限局しているが、がんが周囲の主要動脈などにもおよんでいるため切除ができない場合には、放射線療法や全身化学療法などが行われます。これらに消化管や胆管のバイパス手術を組み合わせることもあります。がんが転移している場合には、全身化学療法を行います。

いずれの場合も、全身状態があまりよくないため、がんに対する治療の負担が大きすぎると考えられる場合には、痛みなどの症状のコントロールに重点をおいた緩和治療が選択されることもあります。

標準治療以外に臨床試験(新しい治療の試験)を受けるという選択肢もありますが、臨床試験は施設によって決められた方法で行われるため、治療内容については各施設に確認が必要です。また臨床試験毎に治療を受けるための条件も厳格に決められているため、誰もが受けられる治療ではありますん。

膵臓がんの進行度と一般的な治療方針は、以下の通りです。

Ⅰ・Ⅱ期:手術、あるいは手術を中心とした治療

Ⅲ期:放射線療法+全身化学療法、あるいは全身化学療法

Ⅳ期:全身化学療法、あるいは緩和治療


膵臓がんの予防と早期発見


膵臓がんは膵臓に発生する上皮性悪性腫瘍のことを指しますが、病理組織学的にはさらに数種類に分類されています。一般的に膵臓がんとは、数種類ある膵上皮性悪性腫瘍のうち浸潤性膵管がんのことを指します。

日本では年間2万人以上の方が膵臓がんが原因で亡くなっており、年々増加の傾向にあります。患者数は女性より男性が若干多く、部位別死亡者数から見ると男性が第5位、女性が第4位に位置しています。

膵臓がんの発生の原因については十分に解明されてはいませんが、喫煙については、膵臓がんの発生を高める要因となっていることが確認されています。

膵臓はからだの深部にあり、多くの臓器に囲まれているため、がんが発生しても早期に発見することは非常に困難です。また膵臓がんは早期には特徴的な症状が少なく、膵臓がんになりやすい人を特定することも難しいため、精密検査をどのような人たちに勧めたらいいのかもわかっていません。このような理由から、膵臓がんは発見された時点で既に手術等の標準的な治療ができないほど進行している患者さんの割合が他のがんよりも高率となっています。膵臓がんの治癒率の向上をめざし、早期膵臓がんに対する効率的な診断方法を確立するための研究が、国内外で積極的に行われたいます。

膵臓がんを発見するための検査としては、血液生化学的検査・画像診断検査(超音波検査・造影CT検査・ERCP検査・MRI検査・血管造影検査・FDG-PET検査)・病理組織学的検査(超音波ガイド下生検・ERCP検査)の3つがあります。


肝がん治療に伴う注意点


早期の肝がんはほとんどの場合、自覚症状がありません。しかし、がんの進行に伴い、腫瘍の破裂(激痛・血圧低下・意識消失)、肺転移からの出血(血痰・喀血)、脊髄への転移(麻痺)、脳への転移(意識消失・麻痺)など、様々な症状が出現します。これらの症状が突然出現した場合は生命を脅かすような危険な状態である可能性があり、医療機関を受診する必要があります。そのほか腫瘍の穏やかな増大による疼痛・圧迫感や全身倦怠感、食欲の低下なども出現する可能性があります。

また肝がんの患者さんの多くは肝硬変を合併しており、肝硬変による症状が出現する可能性もあります。肝硬変の進行や肝臓内の腫瘍の増大により肝機能が低下すると、腹水の貯留、前身のむくみ、意識の混濁、黄疸などが出現します。医療機関を受診し、これらの症状の軽減を図るとともに、疲労やストレスを避けることが重要です。

肝硬変が進行すると食道や胃に静脈瘤が出現し、この動脈瘤が破裂すると吐血や下血が出現して致命傷となることがあります。胃カメラを定期的に受け、静脈瘤の有無や程度を確認することが必要です。痔も肝硬変の患者さんにはよくみられ、時に貧血の原因ともなります。

肝がんを治療した後には肝臓の働きが低下していることが多く、むくみや腹水、倦怠感などが出現する可能性があります。仕事や運動を急激に再開することがはさけ、徐々にからだを慣らしていくよう配慮が必要です。肝膿瘍(肝臓内の膿の貯留)や胆管炎などの感染症を起こす可能性もあり、発熱が続くときには医療機関を受診してください。

肝がんは治療後にも再発することが多いがんなので、医療機関を定期的に受診し、再発の防止に努めてください。


肝がんの穿刺療法


穿刺療法とは、エタノール注入療法・ラジオ波焼灼療法など、身体の外から針を刺して行う治療を一括した総称で、肝切除や肝動脈塞栓療法とともに肝がんの三大治療法の1つとされています。この穿刺療法は、がんに直接アルコールを注入したり、焼灼したりするため、治療効果が高く、また比較的手軽に行うことができ、身体に与える副作用も少なく、短期間で社会復帰ができるという特徴があります。

経皮的穿刺療法の適応は、一般にがんの大きさは3cmより小さく、がんの個数は3個以下とされています。また腹水が貯留している場合やがんが超音波で十分に描出できない場合は不適とされています。このように、がんの大きさや個数だけでなく、治療の効果や合併症など様々な要因を考慮したうえで、治療の適応は検討されます。

①エタノール注入療法

エタノール注入療法とは、100%エタノール、すなわち純アルコールを肝がんの部分へ注射して、アルコールの化学作用によりがん組織を死滅させる治療法です。超音波検査でがんの正確な場所にねらいをつけて注射をします。一般に、この治療を週に1~2回、合計4~6回行って、がんを治療します。

②ラジオ波焼灼療法

この治療法も特殊な針を体外から肝がんに刺し、通電することによりその針の先端部分から摂氏100度程度の熱を発生させ、がんを焼灼する治療法です。1回の治療で約3cmの腫瘍を焼灼することが出来ることが特徴です。エタノール注入療法やマイクロ波凝固療法と比べて、少ない治療回数で治療が可能となるため、最近は穿刺療法の中でも、ラジオ波焼灼療法による治療が増加してきています。しかし、がんが心臓や胆のうなどの他臓器の近くに位置しており安全に治療ができない場合には、ラジオ波焼灼療法を行わず、エタノール注入療法などで治療を行うこともあります。


肝がんの罹患状況と原因


肝がんは原発性と転移性に大別され、さらに原発性肝がんは肝細胞がんと肝内胆管がんに分けられます。一般的に肝がんとは肝細胞がんをさし、転移性肝がんや肝内胆管がんとは病態・治療方針が大きく異なるためきちんと区別する必要があります。年間約3万5千人の方が肝細胞がん(以下肝がん)で亡くなり、死亡者数は年々増加傾向にあります。肝がんは男性に多く、女性の約2.5倍になっています。臓器別死亡者数を見ると、男性で第3位、女性で第5位となっています。

肝がんは肝炎ウイルスの持続感染にもとづく慢性肝炎、肝硬変から高頻度で発生します。特に日本では肝がん患者さんの約70%がC型肝炎ウイルス陽性、約20%の患者さんがB型肝炎ウイルス陽性の患者さんです。

診断時の年齢ではC型肝炎からの肝がん発生は60~70歳代に多い傾向があり、C型肝炎では徐々に肝炎から肝硬変に肝機能が悪化するにつれ肝がんが発生しやすくなるといわれています。B型肝炎からの肝がんはC型肝炎に比べ若い方に多い傾向があります。両ウイルス非感染者に比べるとC型感染者は約500倍、B型感染者は約100倍も肝がんの発生率が高く、危険群であるということができます。

肝がんの予防については肝炎にならないようにすることが一番の予防となりますが、万一肝機能障害を指摘された場合には、肝炎ウイルス持続保持者かどうかを確認することも重要です。もし肝炎に罹患していることが確認された場合には、症状の有無にかかわらず肝臓内科専門医にかかり検査を受けることが重要です。


肝がんの経皮的エタノール注入療法


経皮的エタノール注入療法はPEITとも言われ、その名の通りエタノールを腫瘍内に注入する治療法です。エタノールがタンパク成分を凝固させる特性を利用して、腫瘍を壊死させる方法です。治療は、週に1回程度で3~5回繰り返して行います。

経皮的エタノール注入療法を行うためには、肝がんが3cm以下で、かつ3個以下であることや、腹水がないことなど、いくつかの条件があります。さらに超音波映像(エコー)にて、肝がんの位置が明確に分かることも必須条件となっています。

しかし経皮的エタノール注入療法では2cm以下の肝がんの場合、がんを完全に除去できる切除手術と同じ治療効果を期待できること、切除手術と比べて体の負担が少ないこと、副作用が少ないこと、再発や転移したがんにも利用できることなど、多くのメリットがあります。

肝細胞癌の場合、肝硬変を合併し再発を繰り返すことが多いため、がんの除去と共に肝機能も考慮した治療を行うことが大切です。経皮的エタノール注入療法の場合、肝がんの根治治療をする一方で、正常な肝組織には障害を与えないため、肝硬変の場合でも行えることも大きなメリットになっています。

一方デメリットとしては、3cm以上の癌には使用できないこと、がんの位置が超音波映像で鮮明に映し出されないと安全に治療できないこと、がんの一部が残る可能性があることなどがあげられます。また副作用が少ないとはいえ、半数以上の症例で発熱が見られます。

治療成績については、1年生存率が90%以上、5年生存率が50%弱という報告があります。


http://www.cancer110.com/