がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


転移性の高いメラノーマ


皮膚がんの中でも最も悪性度の高い「メラノーマ(悪性黒色腫)」は、足の裏や爪にできることが多いのですが、基本的には全身にでき、皮膚だけではなく内蔵の粘膜にもできることがあります。足や爪にできた場合、切断をすることにもなりかねないため、早期発見・早期治療が重要です。

メラノーマの検査は「問診」・「視診」・「触診」から始まります。視診にはホクロの状況がよくわかる「ダーモスコピー」という10倍の拡大鏡を使い、確定診断が行われます。メラノーマは転移性の高いがんであるため、進行性がんや転移が疑われる場合には、CT検査・MRI検査・PET検査なども行われます。

治療は手術が基本となり、がんの端から1~2センチ離して切除を行います。また黒いメラノーマの厚さが1ミリを超えている場合には転移の可能性があるため、センチネルリンパ節生検を行い、リンパ節の切除も行われます。センチネルリンパ節に転移がある場合にはリンパ節の切除だけではなく化学療法・放射線療法なども行われますが、有効性が低いのが現状です。

また足の裏にメラノーマがあり太もものリンパ節にも転移がある場合には、リンパ節を広く切除することになります。その後遺症として足にむくみが生じてしまうため、一部の施設ではリンパ節と血管をつなぐ顕微鏡下手術を行っています。

転移性の高いメラノーマですが、治療法は着実に進歩をしています。


陰部にできる皮膚がんのひとつ「パージェット病」


「パージェット病」は、陰部にできる皮膚がんです。皮膚のアポクリン汗腺の細胞ががん化するもので、幹部は赤い平らな斑点として発生します。かゆみを伴い、多少進行してくるとただれたりもしてきます。また赤色だけではなく、茶色・白などのまだら模様にもなります。できる場所が陰部であるため、受診の際、泌尿器科や婦人科を受診される患者さんも多く、発見が遅れることもあります。

「パージェット病」は60歳以上に多く、男女比では2~3対1と圧倒的に男性に多いことも特徴です。診断確定のためには生検を行いますが、このときに周辺への広がりや浸潤の度合いも確認し、手術を行う範囲の確認を行います。浸潤の度合いは、がん細胞が皮膚の表面に留まっていると早期がんとなりますが、真皮にがん細胞が入り込んでいると、リンパ節や肺・肝臓へ転移してしまう可能性もでてきます。

がんの転移がない場合、治療の基本は手術となります。手術ではがんのある皮膚の外側の正常細胞も含め、確実にがん部分を切除します。がんが取り切れているかどうかについては、即検査を行うことができる術中迅速病理診断を行うこともあります。術後の患部には太ももから皮膚を移植して再建を行います。

転移をしている場合には化学療法と放射線療法が治療の中心となりますが、まだまだ効果が低いのが現状です。


顔にキズをつけない「日光角化症」の治療


皮膚の有棘層にできる「有棘細胞がん」の表皮内がん(早期がん)が、「日光角化症」です。「日光角化症」は老人性のシミやイボなどと似ているますが、幹部を10倍に拡大して観察をする「ダーモスコピー」で検査をすると診断がつきます。「日光角化症」と診断がつくと、治療の基本は患部を完全に切除する手術となりますが、最近では手術以外での治療も可能となってきています。

「日光角化症」は顔に1個だけではなく5個も10個もできてしまうケースも多く、すべてを手術で切除するとなると、顔はキズだらけになってしまいます。そのため、2011年12月に健康保険適用となったイミキモドクリーム(ベセルナクリーム)を使用した治療が行われるようになっています。このクリームは、免疫細胞を活性化させ、がん細胞の活動を抑制したり壊死させたりする塗り薬です。週3回クリームを塗ることで、2~3週間するとかさぶたのようになりとれてしまいます。ただし、がん細胞が完全に死滅したのかを確認することができないため、治療後は定期的な検査が必要です。

この他にも、「凍結療法」や「光線力学療法(PDT)」などの治療法もあります。「凍結療法」は局所麻酔を行うこともなく液体窒素でがんを凍結壊死させる治療法です。「PDT」は早期肺がんの治療でも知られています。がん細胞に多く吸収される光感受性物質の軟膏を患部に塗り、特定の波長のレーザーを照射することにより作られる活性酸素によりがんをたたく治療法です。(PDTは健康保険適用ではありません。)イミキモドクリームを使った治療同様、治療後には、経過観察をしっかりと行うことが重要です。


有棘細胞がんに進行する可能性のある「日光角化症」


皮膚がんの中で「基底細胞がん」についで多いものが、「有棘細胞がん」です。有棘細胞がんは皮膚の大部分を占める有棘層にできるがんです。「日光角化症」は有棘細胞がんの表皮内がん(早期がん)です。有棘細胞がんの表皮内がんとしては「日光角化症」や「ボーエン病」がありますが、「ボーエン病」が顔や手のみならず胸などいろいろなところにできるのに対し、「日光角化症」は顔や手など日光(紫外線)のよく当たる部分にできるという特徴があります。

「日光角化症」は病名に日光とあるように紫外線発がんであり、高齢化に伴い紫外線に当たっている時間も増えていることから、患者さんは確実に増えています。また「日光角化症」は、痛みやかゆみなどの自覚症状がほとんどありません。このため、気づかないまま放置をすると、一定の割合で有棘細胞がんへと進行してしまう可能性があります。

「日光角化症」の段階でしっかり発見をするべきではありますが、この段階では、老人性のシミやイボなどとよく似ているため、気が付かない人も多いようです。顔にシミが目立つようになった場合には、皮膚科にて検査を受けることが大切です。


有棘細胞がんの特徴と治療


皮膚の最も外側の表皮、その表皮の有棘層にできるがんが有棘細胞がんです。有棘細胞がんは、紫外線の影響の大きいがんとして知られています。長期間にわたる紫外線によるダメージが皮膚に蓄積され、有棘細胞がんを発症します。発生部位として多いところは、顔や手の甲といった太陽の光が直接当たる部分です。また紫外線が強調されますが、外傷のキズあとから20年・30年経ってから発生することもあります。男女比については男性が多く、年齢的には70歳以上が約60%を占めています。

有棘細胞がんは赤みをおびたイボやおできのように盛り上がり、大きくなっていきます。形状はイボのようにハッキリしたものではなく、不揃いなかたちで盛り上がり、腫瘍になることもあります。有棘細胞がんはリンパ節や肺に転移することもあるため、早期発見・早期治療が重要です。

診察は視診から始まり、疑わしい場合には組織を取って調べる生検が行われます。がんと診断されると、超音波(エコー)検査・CT検査・MRI検査などを行って、がんの進行度を調べます。転移が疑われる場合には、リンパ節の検査も行います。

治療の基本は手術ですが、がんが大きい場合には患部を切除した後、植皮を行うこともあります。抗がん剤治療・放射線治療の効果もあり、術前化学療法も行われています。


皮膚がんの約25%を占める基底細胞がん


代表的な皮膚がんには、「基底細胞がん」・「有棘細胞がん」・「メラノーマ(悪性黒色腫)」・「パージェット病」などがありますが、その中で最も患者数が多いがんが「基底細胞がん」です。皮膚がんの約25%を占めており、50代から増え始めます。

「基底細胞がん」は、80~85%が顔にできます。額や目の周り、鼻の周りといったところに多くでき、ホクロとよく似ていることが特徴です。「基底細胞がん」の基本的な成長過程は、黒い点のようなホクロがゆっくりと成長し、それと共に徐々に盛り上がり、ホクロの中央部がえぐれ、ただれてきます。ただれはキズのようにも見え、この段階になるとタオルで顔を拭いただけでもタオルに血がにじむようになってしまいます。

黒いホクロになる理由は、細胞中に色素細胞のメラノサイトがあり、メラニンが作られているためです。ただしごくまれではありますが、皮膚の色と同じ「基底細胞がん」もあります。

また「基底細胞がん」の多くは転移をしないため、その点では悪性度が低いといえます。ただしがんと気づかず放置しておくと、そのままがんがどんどん大きくなってしまい、筋肉や骨にまで達してしまうこともあるため、やはり早期発見・早期治療が重要です。


紫外線と皮膚がんの関係


皮膚がん発生の大きな原因のひとつである紫外線は太陽光線の中に含まれており、南極大陸上空のオゾン層の破壊により、現在ではより多くの紫外線が降り注ぐようになってしまっています。オーストラリアでは皮膚がん患者さんが急増しており、日本でも皮膚がんの罹患者数は、年間1万人以上と推測されています。また皮膚がんによる死亡者数も確実に増加してきており、2000年986人、2005年1207人、2010年1404人となっています。

皮膚がんの発生する皮膚は体を外界から守っており、その構造は外側から「表皮」・「真皮」・「皮下組織」の3つの層からできており、その下が「筋層」です。その「表皮」をさらに詳しくみると、外側から「角質層」・「顆粒層」・「有棘(ゆうきょく)層」・「基底層」の4つの層からできています。

代表的な皮膚がんとしては「基底細胞がん」・「有棘細胞がん」・「メラノーマ(悪性黒色腫)」・「パージェット病」などがあります。表皮の基底層の細胞に似た細胞から発生するものが「基底細胞がん」、有棘層の細胞から発生するものが「有棘細胞がん」、メラノサイトという紫外線から身を守るメラニン色素を作る細胞ががん化したものが「メラノーマ」、陰部の表皮にできやすく、分泌腺の細胞ががん化したものが「パージェット病」です。

このほかにも皮膚には、汗腺や脂腺など皮膚の付属器も多く存在しているため、皮膚がんには多くの種類があります。


http://www.cancer110.com/