がん遺伝子診断 胃や食道などにも拡大


国立がん研究センターは11日までに、全国からがん患者を集めて遺伝子を診断する疾患の対象を広げると発表しました。これまでは肺と大腸を対象にしていましたが、胃や食道、小腸など消化器系がんも対象にするそうです。約200の医療施設や国内外の製薬企業十数社と共同で進めるとのことで、2017年までに4500人分のデータを集め、患者の体質に応じて治療を選ぶ個別化治療につなげることを目指すそうです。

がんセンターが進めるのは「スクラムジャパン」と呼ばれるプロジェクトで、13年から肺がん、14年から大腸がんの患者を対象に、遺伝子の診断を始めていました。

診断では米医療機器メーカーが開発し、米国立がんセンターが採用した新しい検査薬を使用するそうです。1回の診断で140個以上の遺伝子変異が分かり、検査の効率化が期待できます。国内では承認されていないため、今回のプロジェクトを通じてデータを蓄積し、20年をメドに承認につなげたいと考えているそうです。

がんセンター早期・探索臨床研究センターの大津敦センター長は「今後すべてのがんに枠組みを広げ、通常の診断で結果が生かせるようにしたい」と話していらっしゃいます。

参考:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H90_R10C15A3CR0000/


手術の前から行う食道がんの呼吸リハビリ


食道がんの手術は、胃がんや肺がんよりも術後の呼吸器合併症が起こりやすく、予防のためにも呼吸リハビリが大切になります。食道を摘出し胃を伸ばしてつなげる食道の再建手術では、頸部(首)、胸部、腹部の3ヶ所所を切開し、また長時間に及ぶ全身麻酔や手術の侵襲から、術後は呼吸機能が著しく低下して、タンの排出力が弱くなり肺炎や無気肺が起こりやすくなります。

肺にタンが溜まると、細菌感染しやすく肺炎の原因となります。無気肺とは、肺に空気が入っていない状態のことであり、手術では右脇下の胸部を切開し、一旦、肺を潰して、そこから食道を取り出します。術後、肺がきちんと膨らまず、無気肺のままではタンが排出できなくなるとタンが気道をふさいで無気肺が治らない悪循環を起こします。

食道がんの呼吸リハビリは、1日も早い無気肺の回復と肺炎の防止が主な目的で、術前から始めます。呼吸は肋骨(ろっこつ)の胸郭筋肉の動きでしていて、そこを切開するので術後は筋肉が利きにくくなります。また、痛くて胸をうまく動かせない。術前から呼吸筋力をつけておき、胸の動きをよくしておくことが大切になります。

呼吸訓練は「インセンティブ・スパイロメトリー」という機器を使ったトレーニングや腹式呼吸の習得などを行います。食道切除再建術の呼吸器合併症の発症率は約30%といわれています。高齢者が肺炎を起こせば入院期間が長引いて、筋肉の萎縮や関節が固くなるなどの廃用症候群を起こしたり、死亡にもつながるため、術前からの呼吸リハビリが非常に重要になります。


食道がんの治療


食道がんの治療は、内視鏡によるがんの摘出(内視鏡的粘膜切除術)と手術、放射線と抗がん剤を組み合わせた化学放射線治療が中心です。日本では手術の歴史が古く、広範囲のリンパ節を郭清する拡大手術によって欧米に比べて高い手術成績をあげています。一方で手術は大がかりであるだけに、体力の消耗や合併症・後遺症も大きく、その割には胃がんや大腸がんほど治療成績が高くないといった問題点もあります。

化学放射線治療は食道を残して治療ができることが最大のメリットですが、手術と比較してどちらが優れているのかという科学的な検証は行われていません。そのため、現在、食道がんの治療では、1期から3期にかけては手術と化学放射線治療という二つの選択肢が存在しています。

粘膜上皮にがんがとどまり、リンパ節転移のない状態を0期と呼んでいます。この段階ならば、内視鏡的粘膜切除術が標準治療です。この方法を使うと口から挿入した内視鏡によって、食道を切除することなく、がんを摘出することができます。

粘膜上皮を越えて粘膜下層までがんが入ると1期になります。1期になると約50パーセントの確率でリンパ節転移があると言われているため、基本的には手術か化学放射線治療が選択されます。しかし粘膜下層に食い込んだがんであっても浅いものであれば、内視鏡的粘膜切除術を行った場合でも手術に匹敵する成績が得られることがわかり、患者の希望によって内視鏡的粘膜切除術も行われています。

がんが、食道の外壁までにとどまり、他臓器に食い込んでいない状態までが、3期の前半です。この段階では、手術か化学放射線治療が適応になります。世界では、手術単独、化学放射線治療単独、化学放射線治療を術前に行ってから手術を行うという三つの方法が考えられていますが、日本では、手術単独と手術後抗がん剤による補助化学療法の成績を比較した結果、リンパ節転移がある場合は、抗がん剤を術後投与したほうが10パーセントほど5年生存率が高まることが判明しており、手術によってリンパ節郭清を行い、病理検査によってリンパ節転移が認められた場合は、術後に補助化学療法を行うことが標準になっています。

がんが食道の壁を突き抜けて周囲の臓器に食い込んだ状態が3期後半、離れたリンパ節などに遠隔転移を起こした状態が4A期です。この段階は、化学放射線治療が中心となります。以前は3期後半でも手術をする施設もありましたが、5年生存率は5パーセント以下で、現在では手術はまず行われなくなっています。

がんがさらに遠くの臓器に転移した場合が4B期です。この場合は、抗がん剤による化学療法が標準治療です。がんによって食道が詰まった場合には、ステントという金属製の筒を食道に留置したり、放射線を局所的に照射してがんを縮小させる治療も行われています。


食道がんの症状


健康診断や人間ドックの時に、内視鏡検査などで発見される無症状の食道がんは、食道がん全体の約20%近くあります。無症状で発見された食道がんは早期のがんであることが多く、最も治る確率の高いがんです。

食べ物を飲み込んだ時に胸の奥がチクチク痛む、熱いものを飲み込んだ時にしみるように感じるといった症状は、食道がんの初期の頃にみられる症状です。がんが大きくなるとこのような感覚を感じなくなり、発見が遅れることがあるため注意が必要です。

がんがさらに大きくなると食道の内側が狭くなり、固い食べ物を食べた時や、よく噛まずに食べた時に食べ物がつかえてがんに気づくことになります。その後がんがさらに大きくなると、食道をふさいで水も通らなくなり、唾液も飲み込めずにもどすことになります。食事量が減り、低栄養状態となって体重も減少してしまいます。

がんが食道の壁を破り外に出てしまうと、肺や背骨、大動脈を圧迫するようになり、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。またがんが肺だけでなく気管や気管支まで広がってくると、むせるような咳が出たり、血の混じった痰が出たりするようになります。

食道のすぐ脇には声の調節をしている神経があるため、これががんに壊されると声がかすれてしまいます。声に変化があると耳鼻咽喉科を受診することが多いようですが、咽頭そのものには腫瘍や炎症がないことから、がんが見過ごされてしまうこともあります。


食道がんの発生と予防


日本人の食道がんは、約半数が胸の中の食道の真ん中に、次に1/4が食道の下1/3に発生します。食道がんは食道の内面をおおっている粘膜の表面にある上皮から発生します。食道の上皮は扁平上皮でできているので、食道がんの90%以上が扁平上皮がんです。欧米では胃がんと同じ腺上皮から発生する腺がんが増加しており、現在では半数以上が腺がんです。腺がんのほとんどは胃の近くの食道下部に発生します。生活習慣・食生活の欧米化により、今後日本でも腺がんの増加が予想されています。頻度はまれですが、食道にはそのほかの特殊な細胞でできたがんも発生します。未分化細胞がん、がん肉腫、悪性黒色腫などのほかに、粘膜ではなく筋層などの細胞から発生する消化管間質腫瘍も発生することがあります。

食道がんの発生については、喫煙と飲酒がリスク要因としてあげられます。特に扁平上皮がんではその関連性が強いことがわかっています。また、喫煙と飲酒が相乗的に作用してリスクが高くなることも指摘されています。

熱いものを飲んだり食べたりする食習慣も、リスク因子であるといわれています。近年、欧米で急増している腺がんについては、胃食道逆流症に加えて、肥満で確実にリスクが高くなるとされています。また食道がんに罹る方は咽頭や口、喉頭などにもがんができやすく、咽頭や口、喉頭などのがんに罹られた方は食道にもがんができやすいことがわかっています。予防要因としては、野菜・果物の摂取が挙げられます。

がんの発生を未然に防ぎ、がんにならないようにする一次予防については、環境中の危険因子を避けること、またがんを抑制する因子を取り込むことが大切になります。そのためには、栄養・運動・休養などの生活習慣について関心を持つことが大切です。既にこのコラムでも何度かご紹介をしていますが、財団法人がん研究振興財団が作成した「がんを防ぐための新12か条」を今一度ご確認ください。

第1条:たばこは吸わない

第2条:他人のたばこの煙をできるだけ避ける

第3条:お酒はほどほどに

第4条:バランスのとれた食生活を

第5条:塩辛い食品は控えめに

第6条:野菜や果物は豊富に

第7条:適度に運動

第8条:適切な体重維持

第9条:ウイルスや細菌の感染予防と治療

第10条:定期的ながん検診を

第11条:身体の異常に気がついたら、すぐに検診を

第12条:正しいがん情報でがんを知ることから


http://www.cancer110.com/