がん遺伝子診断 胃や食道などにも拡大


国立がん研究センターは11日までに、全国からがん患者を集めて遺伝子を診断する疾患の対象を広げると発表しました。これまでは肺と大腸を対象にしていましたが、胃や食道、小腸など消化器系がんも対象にするそうです。約200の医療施設や国内外の製薬企業十数社と共同で進めるとのことで、2017年までに4500人分のデータを集め、患者の体質に応じて治療を選ぶ個別化治療につなげることを目指すそうです。

がんセンターが進めるのは「スクラムジャパン」と呼ばれるプロジェクトで、13年から肺がん、14年から大腸がんの患者を対象に、遺伝子の診断を始めていました。

診断では米医療機器メーカーが開発し、米国立がんセンターが採用した新しい検査薬を使用するそうです。1回の診断で140個以上の遺伝子変異が分かり、検査の効率化が期待できます。国内では承認されていないため、今回のプロジェクトを通じてデータを蓄積し、20年をメドに承認につなげたいと考えているそうです。

がんセンター早期・探索臨床研究センターの大津敦センター長は「今後すべてのがんに枠組みを広げ、通常の診断で結果が生かせるようにしたい」と話していらっしゃいます。

参考:日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H90_R10C15A3CR0000/


がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


胃がんの原因 約80%はピロリ菌


日本人がかかるがんの中で、もっとも罹患率が高いがんは胃がんです。

独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターによると、毎年11万人以上が胃がんに罹患し、死亡者数は5万人以上にもなります。

2014年9月にWHO(世界保健機関)は「胃がんの主な要因はピロリ菌である」と報告しています。全世界の胃がんの約80%はピロリ菌によるものであり、除菌治療によって30~40%の胃がん発生を抑えられるとしており、各国の保険当局に対して「(日本のように)ピロリ菌感染者の多い地域では、胃がん予防のため、除菌などの対策を取るように」と勧告しております。

そもそもピロリ菌とはどのような菌なのでしょうか。同志社大学大学院・生命医科学研究科の米井嘉一教授は、以下のように解説しています。

「ピロリ菌に感染するのは5歳以下の子供の頃です。一度感染すると自然に菌が消えることはなく、胃の細胞はピロリ菌の出す毒素によってダメージを受け続け、慢性的な胃炎が起こります。そこにストレスなどのダメージが加わると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、最悪の場合は胃がんになってしまうのです。

また、ピロリ菌がいると、加齢とともに胃粘膜が薄くなる萎縮性胃炎という状態になることもあります。こうなると、ビタミンB12やカルシウムの吸収力が弱まり、動脈硬化や認知症の原因になったり、骨が脆くなったりする危険も出てくるのです」

厚生労働省は2000年に、胃潰瘍・十二指腸潰瘍についてピロリ菌除菌治療を保険適用としています。その後、適用範囲は広がっており、2013年2月には慢性胃炎も適用内になっています。

「除菌治療では、3種類の抗生物質を毎日2回、1週間続けて服用するだけ。治療そのものは非常に簡単ですが、とにかく1回目(一次除菌)で成功させることが大切です。2回目以降は、成功率が下がりますし、ピロリ菌が薬剤への耐性をつけ、抗生物質が効かなくなることもあるからです。

ピロリ菌は胃酸とともに、口腔内に上がってきて、歯垢や歯石の中に棲みつきますから、除菌治療中はていねいに歯磨きをすること。歯科でクリーニングを受けるのもよいですね。また、除菌治療の前3週間と治療中には、LG21乳酸菌を摂取すること、禁酒・禁煙も成功率の向上には有意義と考えられます」と前出の米井嘉一教授は解説されております。

参考:週刊ポスト2015年1月1・9号より

http://www.news-postseven.com/archives/20150104_294410.html


胃がん検診ガイドライン2014案が公開されました。


12月4日に有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン作成委員会から、「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン2014年版・ドラフト」が公開されました。以前公開された2005年度版との違いは、内視鏡が対策型検診・任意型検診の両方で推奨されていること、対象年齢が50歳以上になっており、検診間隔についても2~3年と記されていることなどです、

ガイドライン案の全文は、ウェブサイトからダウンロードできますので、一度ご確認してみてはいかがでしょうか。また、パブリックコメントを募集して、それらの意見を基にガイドラインを完成させる予定とのことです。

ガイドラインでは、胃X線、内視鏡、ペプシノゲン法(単独法)、ヘリコバクター・ピロリ抗体(単独法)、ペプシノゲンとヘリコバクター・ピロリ抗体の併用法について、胃がん死亡率減少効果が検討されています。そのうち、胃X線と内視鏡については死亡率減少効果を示す証拠があるとしており、対策型検診・任意型検診として実施が推奨されています。内視鏡は、2005年度版では証拠不十分として推奨されていませんでしたが、その後報告された3件の症例対照研究(国内2件、韓国1件)が評価されて、今回の推奨に至ったようです。

胃がん検診の対象年齢については、40~49歳での胃がん罹患率と死亡率は減少傾向にあるため、対象年齢は50歳以上が望ましいとされています。検診間隔については、胃X線は現在逐年で実施していますが、内視鏡検診は40~79歳を対象とした韓国の研究で、1~4年以内の実施により20~40%の死亡率減少効果を認めたことから、検診間隔を2~3年にできるとしたそうです。

引用:日経メディカル

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/201412/539948.html


大腸がんの転移を事前に診断できる可能性が?


がんのなかでも死亡率の高い大腸がんについて、京都大学の研究グループは大腸がんに含まれる特定のたんぱく質を調べることで、転移しやすいかどうか診断する手法を開発したと発表しました。既に特許を出願しているそうで、実用化されれば早期治療の糸口となる可能性があると思われます。

日本におけるがんの死亡件数をみると、大腸がんは女性では1位、男性では4位と死亡率が高いがんです。大腸がんは早期発見によって治療が可能であるにもかかわらず、肝臓や肺などに転移し、悪化することが背景にあると考えられています。

この転移の原因について、京都大学の武藤誠名誉教授らの研究グループは、大腸がんに含まれる「Trio(トリオ)」という特定のたんぱく質が、ほかのたんぱく質によって構造の一部が変化すると、がんが別の臓器に転移しやすくなるということを、マウスの実験で発見したそうです。

この研究グループでは、「Trio」に着目することで、手術後の生存率を予測する診断法を開発し、特許を出願しています。数年後の実用化を目指して、既に企業と協力して開発研究が進められているそうです。

なおこの研究は、米国がん学会の学術誌「Cancer Discovery」の電子版にも掲載されています。


手術の前から行う食道がんの呼吸リハビリ


食道がんの手術は、胃がんや肺がんよりも術後の呼吸器合併症が起こりやすく、予防のためにも呼吸リハビリが大切になります。食道を摘出し胃を伸ばしてつなげる食道の再建手術では、頸部(首)、胸部、腹部の3ヶ所所を切開し、また長時間に及ぶ全身麻酔や手術の侵襲から、術後は呼吸機能が著しく低下して、タンの排出力が弱くなり肺炎や無気肺が起こりやすくなります。

肺にタンが溜まると、細菌感染しやすく肺炎の原因となります。無気肺とは、肺に空気が入っていない状態のことであり、手術では右脇下の胸部を切開し、一旦、肺を潰して、そこから食道を取り出します。術後、肺がきちんと膨らまず、無気肺のままではタンが排出できなくなるとタンが気道をふさいで無気肺が治らない悪循環を起こします。

食道がんの呼吸リハビリは、1日も早い無気肺の回復と肺炎の防止が主な目的で、術前から始めます。呼吸は肋骨(ろっこつ)の胸郭筋肉の動きでしていて、そこを切開するので術後は筋肉が利きにくくなります。また、痛くて胸をうまく動かせない。術前から呼吸筋力をつけておき、胸の動きをよくしておくことが大切になります。

呼吸訓練は「インセンティブ・スパイロメトリー」という機器を使ったトレーニングや腹式呼吸の習得などを行います。食道切除再建術の呼吸器合併症の発症率は約30%といわれています。高齢者が肺炎を起こせば入院期間が長引いて、筋肉の萎縮や関節が固くなるなどの廃用症候群を起こしたり、死亡にもつながるため、術前からの呼吸リハビリが非常に重要になります。


1滴の血液から大腸がんを発見する新たな手法


国立がん研究センター研究所と塩野義製薬などの共同研究グループが、従来の約40分の1の血液量で半日以内に大腸がんを診断できる検査手法を開発しました。この手法では従来は検出できなかった早期の大腸がんも診断出来、既に実用化に向けた開発に着手しています。

大腸がんは、日本国内では胃がんに次いで2番目に罹患者数が多いがんであり、2015年には胃がんを抜き、罹患者数が最も多くなると予測されています。大腸がんの検診方法としては、便潜血検査法がよく知られています。この検査は、集団を対象とする検診方法としては費用対効果が高いのですが、感度や特異度が十分ではなく、進行した大腸がんでも陰性(偽陰性)となることがあります。精密検査として行われる大腸内視鏡検査でも、検査への恐怖心などから、便潜血検査が陽性であっても、その後の「精密検査」の受診率が60%ほどにとどまっており、これも大腸がん検診の大きな課題となっていました。

新たな検査手法では、血液中にあり細胞から分泌される直径30~100nmの微少な小胞である「エクソソーム」と呼ぶ物質に着目し、がん細胞に特異的なタンパク質やマイクロRNAを含むエクソソームを利用し、従来法では1日を要するエクソソームの検出時間を1.5~3時間に短縮しました。また検出に必要な血液(血清)の量も、わずか5μlで済みます。

今回の方法を大腸がん検診に応用できれば、患者さんと医療従事者の双方の負担を軽減でき、更に早期発見が難しいすい臓がんや、がん以外の疾患の診断法としても期待が持てると考えられています。検査方法についても、血清だけでなく尿や唾液への応用が可能であり、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では引き続き今回の開発を支援し、臨床現場で使える小型の質量分析計と組み合わせた形での実用化を目指しています。


期待される抗EGFR抗体薬


近年、大腸がんなどにおいて、分子標的薬治療が大きな注目を集めています。分子標的薬はがん細胞だけを攻撃することが期待されているがんの治療薬で、大腸がんでは、アバスチン(一般名:ベバシズマブ)、アービタックス(一般名:セツキシマブ)、ベクティビックス(一般名:パニツムマブ)が承認され、使用されています。

大腸がんの増殖には、EGFR(上皮細胞増殖因子受容体)というタンパク質が関与しており、EGFRは細胞の表面に並んでいて、細胞が増殖するスイッチの役割を担っています。EGFRは正常な細胞にもありますが、がん細胞には非常に多くのEGFRがあるため、がん細胞の増殖が促されてしまいます。

そこで、EGFRの働きを抑えて、細胞増殖のスイッチが入らないようにしようと開発されたのが抗EGFR抗体薬で、分子標的薬の一種です。アービタックスとベクティビックスは抗EGFR抗体薬です。アービタックスとベクティビックスは、切除不能の進行・再発の大腸がんの患者に対して第一治療薬(最初に行う治療に使う薬)として使うことが出来ます。

EGFRからはがん細胞を増やす、いわばシグナル(信号)が出ますが、そのシグナルが伝わる途中に「Kras」と呼ばれる遺伝子が関わっています。Kras遺伝子には「野生型」と「変異型」があり、野生型は「正常型」、つまり変異がない型といえます。ちなみに日本人は、約60パーセントがKras遺伝子野生型です。

アービタックスやベクティビックスを投与すると、EGFRの働きは抑えられ、その結果、がんの進行を抑えたり、がんを小さくしたりする効果が期待できます。ただし、すべての患者さんに対して効果が発揮されるわけではありません。アービタックスとベクティビックスはKras遺伝子に変異がある大腸がんの患者さんにはまったく効果がなく、 Kras遺伝子が野生型の患者さんにだけ効果を発揮する可能性があるという点には注意が必要です。効果を発揮する割合は、アービタックス、あるいはベクティビックスをイリノテカン(商品名カンプト/トポテシン)と併用で投与した場合、がんが半分以下になる割合は約30パーセント、がんの成長が止まる割合はそれプラス約50パーセントです。

つまり抗EGFR抗体薬は、Kras遺伝子が野生型の患者さんの約80パーセントにがんを抑制する効果を発揮することになります。


大腸がんの再発を予防する補助化学療法


大腸がんの化学療法は、ステージⅡの一部とステージⅢに対しては補助化学療法として行われています。手術後に、細胞レベルで残ってしまってる可能性のあるがんの、転移・再発を防止する意味で抗がん剤を使う治療が補助化学療法です。

補助化学療法に用いる抗がん剤には多くの種類があり、錠剤などの飲み薬のほかに注射薬や点滴静注薬など投与方法にも違いがあります。これまでは患者さんにとって使いやすいということから、飲み薬が多く使われてきました。また補助化学療法に使う抗がん剤は、単独で使う場合と2剤の併用で使う場合があります。これを6ヶ月間続けて行うことが、基本的な治療方法となります。

もちろん抗がん剤治療なので副作用はあります。強い副作用としては、吐き気・脱毛・白血球の減少などがあり、正常細胞も傷つけてしまいます。補助化学療法を受ける場合には、副作用にも注意をする必要があります。

またステージⅣの大腸がん治療に対しては、再発・転移がんを縮小させたり、進行を遅らせたりすることを目的に、標準治療となっている「FOLFOX(フォルフォックス)療法」や「FOLFIRI(フォルフィリ)療法」を行う場合もあります。この療法はどちらも抗がん剤を3剤併用する治療法です。FOLFOX療法はフルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+オキサリプラチン、FOLFIRI療法はフルオロウラシル+レボホリナートカルシウム+イリノテカンです。

副作用に注意して、主治医と連携を密にしながら治療を行うことが、補助化学療法では重要になります。


直腸がんの肛門温存術


大腸がんの手術においては、傷が小さいこと、術後の痛みが少ないこと、術後の回復が早いこと、などから腹腔鏡手術の割合が増えてきています。さらに、大腸は結腸と直腸に分けられますが、直腸の場合は結腸の場合よりも視界が狭くなるため、術者の視野がしっかりと確保できるということでも、腹腔鏡手術が選択されるようになってきています。

直腸は肛門からわずか15センチ程度の腸管ですが、その周囲には多くの自律神経が集まってきているため、これまで直腸の手術では様々な問題が起きていました。主なものは、排尿・排便機能障害と男性の性機能障害です。自律神経にキズをつけてしまうと多くの機能障害が起きてしまいます。

その中で最も大きな問題が、肛門を残すことができるかどうかという問題です。15~20年前は、がんが肛門から5~6センチ離れていないと人工肛門となっていましたが、現在では2~3センチ離れていれば人工肛門を回避できる場合が多くなってきています。術後の合併症を予防するために一時的に人工肛門を作るケースもありますが、その場合でも、通常3~4ヶ月くらいの期間をおいて人工肛門から元の自然肛門に戻すことができます。

直腸がんの手術は肛門温存術が主流となってきており、「直腸がんは人工肛門になる」という時代は過去のこととなりつつあるようです。


http://www.cancer110.com/