活性化リンパ球療法


血液中のリンパ球は、樹状細胞から命令を受けて、異物を攻撃する兵隊のような役割を持ちます。そのリンパ球を体外で培養し体内に戻し、体全体の免疫力を高めてがんを攻撃する治療法が活性リンパ球療法です。

ただし、がんを狙って攻撃することができないため、樹状細胞ワクチン療法を同時に行うと、治療効果が高まると考えられています。費用は1投薬で約20万円となります。