がん細胞を光らせるスプレー試薬


東京大学の浦野泰照教授らによる研究グループは、外科手術時や内視鏡・腹腔鏡手術時に、がんが疑われる部分にスプレーするだけで、数分でがん部位のみを光らせて検出することを可能にする新たな蛍光試薬の開発に成功したそうです。

卵巣がん患者の半数以上は、治療開始の段階で既に治療難度が高い腹腔内に転移があると診断されており、手術の際に1mm以下の微小な転移まで切除すると術後5年生存率が大きく改善することが知られています。

今回の研究では、糖鎖分解酵素であるβ-ガラクトシダーゼと反応することにより、これまでと比べて1,000倍以上明るく光る性質を持つ蛍光検出試薬が開発されました。実際に、開発したスプレー蛍光試薬を卵巣がんモデルマウスに適用したところ1mm以下の微小ながんまでも高精細に検出可能とのことで、以前開発した蛍光試薬では検出が困難であったがんも検出可能であることが分かっています。

今後は、本研究で開発した蛍光スプレーが、腔鏡を活用したがん治療に画期的な役割を果たすことになると期待されています。

なお、この内容は「Nature Communications」オンライン速報版に掲載されています。

参考:財経新聞

http://www.zaikei.co.jp/article/20150319/241202.html


がんの原因、第1位は「細胞の突然変異」


2015年1月に、サイエンス誌が、がんになる理由の第1位を発表しました。

一般的に知られているがんになる原因と言えば「紫外線で皮膚がんになる」や「喫煙で肺がんになる」などが最も世間に知れ渡っている原因だと思います。サイエンス誌が発表したがんになる理由の第1位は、「細胞の突然変異」だそうです。

研究者は、31種類のがん(信頼性の高い幹細胞の分裂速度を把握することができなかったため、乳がんと前立腺がんは除いたそうです)を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓がん、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。

突然変異したDNAが人体の各部位にたまってがんになっているケースが、全体の65%(3分の2)にものぼったということです。

ただし、もちろんタバコや遺伝ががんと無関係なわけではありません。大きく関係しているのは事実です。実際、大腸がん、肺がん、皮膚がんなどは、他のがんよりも遺伝や環境要因によって発生する確率が高かったと報告されています。

それにしても、癌の発生原因の第1位が単なる「運」だったとは驚きですね。気を付けようと思っても、気を付けようがありません。

研究者は、このような突然変異によるがんから命を守るには、細胞硬化の段階で早期発見するための研究を進める必要があると話しています。やはり、がんと闘い、そして勝つためには、早期にがんを発見し、突然変異を起こしているがん細胞数が少ないうちに治療を行うことが重要なポイントになると言えるでしょう。

参考:livedoorニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/9656319/


肥満が原因でがんのリスクが高まる


体重過多や肥満ががん発症のリスクを高めており、2012年には世界で新たに50万人ががんを発症していたとの研究結果が世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)が英医学誌ランセット・オンコロジーで発表しました。特に、女性は世界的に見ても閉経後に乳がんや卵巣がんなどの婦人科系のがん発症率が高いと、国際がん研究機関(IARC)が警鐘を鳴らしています。

国際がん研究機関(IARC)によると、2012年に全世界で新たにがんと診断された患者さんのうち、推定3.6パーセントにあたる約48万1000人が体重過多や肥満が原因だったそうです。

約48万1000人のうち、先進国の患者は約39万3000人、発展途上国では約8万8000人と先進国のほうが非常に多くがんが発症しています。特に肥満が原因でがんに発症したケースの23パーセントが北米の患者だったそうです。

男女別の比較では、肥満が原因でがんにかかる率は男性が1.9パーセントであるのに対して、女性は5.3パーセントと男性より高く結果になっています。国際がん研究機関(IARC)によると「閉経後に乳がんや卵巣がんなどを発症する率が高くなるが、健康的な体重を保つことで乳がんなどの10パーセントは予防することができる」と指摘しており、肥満対策の重要性を訴えています。


http://www.cancer110.com/