がんとわかったらまずすること


すすめられた治療をうのみにしない!


あなたがもしもがんだと告知されたら、まずは情報を集めることが大切になります。医者から自分にはどういった治療方法が考えられるのかを聞いたら、可能であればそれをきちんとメモして、とりあえず家に帰りましょう。

そしてそのとき、医師から「急いで手術しましょう」と言われても、進行が急激ながん(急性白血病や胚細胞腫瘍など)でなければ、慌てて手術日を決める必要はありません。がんが成長するのには年単位の時間がかかります。焦る気持ちはよくわかりますが、もしかすると手術以外にもっと良い治療法があるかもしれません。それを調べる前に手術をうけてしまうのは、とても残念なことなのです。

家に帰ったら、医師から聞いた治療法について、できる限り調べてみましょう。本で調べるのもいいですし、インターネットでも調べることができます。ただインターネットでは、あまりに情報があふれていて、自分で調べるといってもかえって混乱してしまうこともあるでしょう。

そんなときは、医療コーディネーターに相談するという方法があります。相談を受ける医療コーディネーターというのは、医師などの医療サービスの提供者と、医療サービスを受ける患者や家族の間を調整し、患者の希望する治療や療養を受けられるようにサポートしてくれる人です。不安な気持ちを和らげる意味でも、相談できる相手を見つけてください。

情報取集の際、自分のかかっている医師や、これからかかりたいという医師が、がんの専門医の資格を持っているかどうかというのは、一つの目安になります。正式名は「がん治療認定医」というのですが、2012年5月現在、全国で10,000人以上が認定されています。インターネットで検索すると、都道府県別にどの病院の何科のどの先生が認定医なのかを確認することができます。


がん治療相談110番の吉川佳秀さんにご相談ください。


貴方のお身内や知り合いや知り合いのご家族にがんになられた方はいらっしゃるのではないでしょうか?

わたしの身内にもがん患者がおりますし、部下の家族や知り合いに多くのがんになられた方が多くおります。 わたしはある意味ではがんの知識は多くありのですが、それはファイナンシャルプランナーとして、がん保険なのど保険を扱っておりますので、専門的な知識があります。 そんなことからがんになられた方の治療方法を確認していると、全ての先生が「抗がん剤」「切除」をすすめてきます。

しかし、その治療で完治しても完全完治は異常に難しいと感じていて、抗がん剤を使用して完治しない場合には、『がんの倍返し!』により急激に細胞分裂するために助かることはできません。

しかし、そのような状態でも高額で強い抗がん剤治療をすすめてきますが、その時には既にどうにもなりません。 

貴方は『先進治療があるだろ!』と思っているかもしれませんが、主治医は絶対にすすめることはなく、それどころから「其方に行かれてもいいですが、今後の治療は二度としません!」と言われます。 

わたしが今回サイトに掲載しているのは、「がん治療相談110番の吉川佳秀さん」をご紹介をしておりす。 当サイトでも先進医療をご紹介できますが、吉川さんの事務所の方が専門的ですので、ご相談をしてみてください。